kyo.designworks
京ちらしアートワーク『100:』関連イベント
吉祥寺ちらし会議 共催:fringe

劇場で受け取る大量のちらし、1枚1枚の情報は本当に伝わっているのでしょうか?
折り込みちらしのコストパフォーマンスは? 紙媒体の利点とは? 印刷技術や宣伝手法の変化に伴い、ちらしを巡る環境も10年前とは大きな違いを見せています。今、演劇関係者のあいだで熱い議論になっている「折り込みちらし問題」を、パネラーと共に緊急討論。ちらしに関心を持つすべての関係者、観客必見です。


12月16[土]15:00─18:00 武蔵野商工会館5F・会議室
料金:2,000円 お申込み先着順



パネラー(50音順・敬称略)>パネラープロフィールへ

郡山幹生(有限会社ネビュラエクストラサポート代表取締役)
笹目浩之(ポスターハリス・カンパニー代表/テラヤマ・ワールド代表)
志賀玲子(舞台芸術企画制作)
清水俊洋(宣伝美術デザイナー)
高野しのぶ(現代演劇ウォッチャー/ライター)
前田司郎(五反田団 主宰)
箕島裕二(武蔵野市立吉祥寺シアター 支配人)

進行:京、荻野達也(fringe)

↑
↓

個展概要

関連イベント
 アーティスト・トーク
 吉祥寺ちらし会議
 宣伝美術ワークショップ

イベントお申込み=終了

map

DM送付お申込み=終了




浜松展

トップへ